不用品の引き取りを業者へ依頼

家に眠ったままのものがある、いつかは使うと思って大切に保管をしておいたがもう誰も使う気配がない、そんな不用品は業者へ連絡をすると引き取ってくれます。また、大型の家具など使わなくなったものを引き取り対応してくれる業者もいるので、とても便利です。

引き取りの依頼が多い物

財布

寝具などのベッド用品

引き取って欲しいという声が多いのが、いらなくなったベッド、布団やシーツに介護用の電動ベッドなどです。ただし、臭いがするもの壊れてしまっているもの、布団も黄ばんでしまっているなど状態の悪いものに関しては引き取ることが出来ません。購入して5年以内など業者によっても何年以内という決まりがあります。

リビング家具

業者では、ソファやテーブル、カーペットにテレビ台などリビングで使用している家具を中心に買取を行います。しかし、マットレスは汚れが酷い場合や衛生的な問題で買取はできません。ソファやテーブルも製造から6年以上経過しているもの、破れや破損が見られる場合も買取をすることが出来ません。ただ、少し傷がある程度であれば業者の方で修理が出来ることもあり、買取は出来ます。

収納する家具

タンスや本棚、衣装ケースなどの収納家具が引取依頼が多いものに当てはまります。ただし、臭いのするもの、製造から6年以上経過しているもの、どんなに良いタンスでも、かなり古いもので中古品としてもリサイクルして使用することが難しいものは引き取りができません。下着などの衣類を入れての買取は衛生上できないので、注意しましょう。

白物・黒物家電

電子レンジや冷蔵庫、洗濯機や掃除機などの大型家電も依頼が多いです。しかし、パソコン等の精密機械に関しては買取が出来ません。大型家電に関しても壊れてしまっているもの、6年以上経過しているもの、電子レンジに関しては臭いがしたりレンジ内が焦げ付いていたりする場合、汚れもひどいので買取をすることが出来ないでしょう。

業者は不用品の買取もしてくれる

業者では、不用品の買取も行っています。貴重なカメラやまだ使える家具家電など、リサイクルショップへ行って換金できそうなものを中心に業者は引き取りを行います。そこから処分代金を差し引いてお客様へ請求となります。高齢でなかなか処分へ出すことが出来ない人から人気です。また、カメラ買取などの専門店もあるので、不用品引き取り業者以外にも相談してみるといいでしょう。

自宅に眠っている不用品の処分方法|専門業者に引き取り依頼をしよう

電卓

不用品を処分してもらうか買取かの判断も業者へ任せよう

自分で見てもどれが買取の対象で、どれが買取の対象外なのか判別しにくいものもあるでしょう。そういう時は業者へ判断を任せるということも出来ます。基準としては完全に破損して使えないもの・市場では既にニーズがなくなっており中古品でリサイクルショップへ出しても再利用が既にむずかしいと思われるもの、衛生上下着やマットレス、ヘアアクセサリーやピアス等は買取ができません。ベビー用品に喪服、最新家電や高級家具は高価買取の対象になります。ただし、ベビー服は汚れがひどいものは買取できないこともあるでしょう。おもちゃに関しても壊れているものや傷があると安全上の関係で買取はできませんから、よく確認すべきです。

不用品・廃品回収や引き取りなら専門業者に頼みましょう

SHIROIRO DESIGN

使わなくなった釣具を売りたいなら高額買取のお店へ!釣具買取ならこちらをチェック!

ブランドショップマルカ

奮発して買ったけど最近使ってないしカメラをそのままにしておくのはもったいない!カメラ買取を希望するならこちらから。

株式会社 G・YOUプランニング

臨時収入を手軽にゲットしよう家具買取なら神戸にある専門業者に依頼すべし!

リサイクルジャパングループ株式会社

お家の不用品処分に困ったら業者に相談しよう!埼玉でリサイクルショップをお探しなら買取金額の高い業者をチェック! 

不用品・廃品回収や引き取りなら専門業者に頼みましょう